TOP > マンション経営 > 生命保険としてのメリット

マンション経営 -生命保険としてのメリット-

  • 私的年金としてのメリット
  • 生命保険としてのメリット
  • 節税対策としてのメリット
  • 資産運用としてのメリット

Aさん(45歳)の生命保険の例

サラリーマンのAさんには、奥さん(45歳)と子供二人(小学生・中学生)がいて、
一般の生命保険(定期付 終身保険:死亡保障2500万、うち終身保険150万円)に加入しています。

Aさんが保険に感じている疑問は・・・

  • 1.トータルで支払う保険料は書かれていないため
    自分にとって得か損か分かりにくい。
  • 2.10年ごとに保険料が上がっていくことも悩み。
  • 3.定期保険特約が終了すると、
    補償額が終身部分の150万円だけになる。
  • ※一般的な定期付 終身保険の場合

2003年度の税制改正で「相続時精算課税制度」が開設され、親から子に資産を移しやすくなりました。

マンション購入に住宅ローンを利用すると、契約者にもしものことがあった場合に備えて、ローン契約に「団体信用生命保険」があらかじめ組み込まれます。これはオーナー様が不幸にも死亡した場合や、高度障害になった場合に、残債務(ローンの残り)が支払われる保険です。加入に際して年齢の差異はありません。万一の際にはローンは保険金で完済され、ご家族には安定した家賃収入を生んでくれるマンションを遺すことができます。一般の生命保険と比較してもマンション経営には大きなメリットがあります。

現行の年金制度は近い将来崩壊する!?

現行の年金制度は近い将来崩壊する!?

つまり、家賃収入で月々のローンの返済の大半をまかないます。
月々のローンの支払いには生命保険料が含まれていますので生命保険に加入したのと同じと考えられます。
※現在、加入の生命保険を解約した場合

現行の年金制度は近い将来崩壊する!?

ローンの残債は生命保険で支払われるので、ご家族にはマンションが2室財産として遺せます。

現行の年金制度は近い将来崩壊する!?

家賃収入:6万円×2室=12万円。年間144万円の収入です。

  • 私的年金としてのメリット
  • 生命保険としてのメリット
  • 節税対策としてのメリット
  • 資産運用としてのメリット